業務解説

税理士の仕事とは一言でいうとしたら「税務の専門家」です。
個人や企業など納税を行う人から依頼されて、申告の代理や書類作成、税金に関する税務相談の業務などを行っています。
また、企業だったら法人税や所得税、さらには住民税などの処理や株主の所得税、相続税対策なども行っています。

これらのことは税理士法の第二条をみてみると
第三者の求めに応じて「税務代理」「税務書類の作成」「税務相談」を行うと書かれています。
では、この3つは具体的にどのようなことなのでしょうか。詳しく見てみましょう。

「税務代理」とは納税者に変わって税務署に対して税金の申告や申請を代行することをいいます。法人税や相続税、贈与税などは自己申告、自主納税なので自分で計算しなくてはならないのです。
しかし、税法の知識がない人にとってこれらの計算はとてもむずかしいものです。ですから、税のプロである税理士が代わりに行ってくれるのです。

税務書類の作成とは税務署に対して各種の申告書など、提出する書類を作成することです。年次業務と月次業務にわけることができます。お客様によっては確定申告の時期だけなど単発でお願いする場合もあります。

税務相談とは税金に関する相談に乗るということです。経営相談も一緒に行っている事務所も多いです。
またインターネットでオンライン上で相談に乗っている事務所もあります。

このように税理士事務所も競争が激しくなっているのでホームページを有効活用して顧客を獲得しようとしているところが増えてきているようですね。

大阪でおすすめの税理士事務所をご紹介します